厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 呼吸不全に関する調査研究班

呼吸不全をきたす難治性呼吸器疾患に関する

疫学調査研究

 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 呼吸不全に関する調査研究班対象疾患)では、呼吸不全をきたす難治性呼吸器疾患である7つの疾患群

 

・肺動脈性肺高血圧症(PAH

・慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH

・若年発症重症COPD

・ランゲルハンス細胞組織球症(LCH

・肥満低換気症候群(OHS

・原発性肺胞低換気症候群(PAHS

・リンパ脈管筋腫症(LAM

 

に対して疫学調査研究を行っています(当班対象疾患の若年性肺気腫に関しましては、若年発症重症COPDとして調査しています)上記7疾患のいずれでも診療されました医師の先生方には、下記手順に従って、疫学調査にご協力いただきます様、よろしくお願い申し上げます。

 

※上記7疾患の診断基準は、“医師の皆様へ”のページをご参照下さい。 

 

研究の概要

 本研究は、呼吸不全をきたす難治性呼吸器疾患に対して、わが国における疫学調査をもとに呼吸不全の予防と治療の標準化を目指すことを目的に、厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「呼吸不全に関する調査研究」の疫学調査研究として行われます。本研究の対象疾患は、呼吸不全をきたす難治性の疾患ですが、わが国における実態に不明な点が多いだけでなく、予防や治療法も統一されていないのが現状です。本調査研究により疾患の診断や治療に有用な事項を見出し、疾患の新たな診断・治療法の開発への貢献や、患者の生活の質、予後の向上に役立つことが期待されます。なお、調査内容には、症例個人を特定する情報は含まれません。

 

患者の皆様へ

 本疫学調査研究の調査内容には、症例個人を特定する情報は含まれず、検査結果に関しても、個人が特定されることはありません。この調査にご自身の検査結果(肺機能検査、血液検査など)などを提供してほしくない場合は、主治医の先生にお申し出ください。説明文書

 

疫学調査にご協力いただける先生方へ

 症例登録にご参加いただける医師の先生は、“医師の皆様へ”のページへお進み下さい。

 

ご不明な点がありましたら下記事務局までE-mailにてご連絡下さい。

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業

呼吸不全に関する調査研究班事務局

京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学内

606-8507 京都市左京区聖護院川原町54

電話 (075)751-3830

FAX  (075)751-4643

Email: kokyufu@kuhp.kyoto-u.ac.jp

お問合わせ先: